2020年11月4日水曜日

Copt 1.43の評価

BarrirerSolver(内点法)を実装したとのことで評価してみました。

WSL1では、MACアドレスは、変わらなかったのですが、今回環境はWSL2になっており、前回のMAC ADDRESSとは見かけ上異なるものとなり、ライセンスで弾かれてしまいました。

しかたなくWindowsVersionでの評価です。WindowsVersionでは、コマンドラインで_Underbarがスキップされてしまうので、これも仕方なくファイル名を手動で変更しました。結果は、こちらです。

確かに、大規模インスタンスでは、顕著に速くなっていることが分かります。ただし、Defaultでマルチスレッドになるらしくスレッド数は、4です。また、内点法では、Simplexみたいに、Resolveで速くなることもないのでその辺は割り引いて考える必要があります。




0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。