2022年12月3日土曜日

ソフト制約調整

動画をアップしました。

ソフト制約システムは、結局トレードオフです。しかも、事前にどうなるか、誰も予測不能です。やってみる(Cut&Try)しかありません。(これが為に、高速ソルバーが必要となります。)

 https://youtu.be/Hb9UyidMG-g

管理者が、ある程度周りの状況を掴んだ上で、狙い目を設定することになるでしょう。

2022年12月2日金曜日

ストア版永続ライセンスのURL配布

下記に該当する方々に、URLの配布を開始しました。 

■現ライセンスを保持している

■開発に貢献があった

■Covid-19関連

■βテスター業務を完了

手作業で順次配信しているので、該当しているが未だ来ないという方は、しばしお待ちください。

E-mailでURLをお送りしています。

インストール手順です。

前提条件:

■microsoft アカウントがあること

■Windows10/11 64bit Versionであること

手順:

受領したURLリンクをクリックするとマイクロソフトアカウントが求められます。

(下記は仮想環境(英語)の為、英語表示になっていますが日本語で出ます)

マイクロソフトアカウントのパスワードを入れます
するとマイクロソフトアカウントに入ります。25桁のコードが既に入っている筈です。
次へをクリックします。
確認をクリックします。
入手をクリックします。
サイトを開きます。
永続ライセンス版(50000円)の購入ページが開きます。
50000円をクリックします。25桁のコードが正しければ課金されることはありませんので、ご安心ください。
ダウンロードが始まります。開くが出るまで10分位かかることもあります。
日本語スケジュールナースが開きます。(下記は英語環境なので英語表記になっています)


あとは、通常通りアプリの起動でOKです。スケジュールナースのUpdateは自動で行われるのでダウンロードする必要はありません。

ストア版永続ライセンスは、マイクロソフトアカウントに紐づいています。なので、

同じマイクロソフトアカウントでログインすれば、他のPCでも10台までお使いになれます。PCを買い換えても、使うことが出来ます。(永続版ストアサイトは、後ほどお送ります。現在は非公開です)



2022年12月1日木曜日

ストア版は自動更新される

 今日、ストア版とdownload版、両方のupdateを行いました。

で、「この更新を必須にします」にチェックをつけてリリースしました。


数時間後に、何気に起動してみると、しっかり更新されていました。一度インストールすると、Windowsが勝手にパッケージUpdateを察知してインストールしてくれるようです。この間、Windowsのサインアウトはしていません。パッケージ容量は現在80MB程度もあり、結構時間がかかるので、いちいちダウンロードしなくてもよくなるのはうれしいです。(ありがた迷惑になる場面もあるかもしれませんが。)


2022年11月25日金曜日

2022年11月24日木曜日

解の部分修正

 という動画をアップしました。

解の修正をスケジュールナースの外側で(Excel等)行って頂くことは、問題ないのですが、次の点に留意する必要があります。

■今月解が変わります。

来月勤務表における先月部を編集して実態と合わせる必要があります

■勤務品質が担保されません。

スケジュールナースの管理の外で、修正すると多くの場合解の品質は悪化します。少なくともスケジュールナース上の目的関数値は、悪化する可能性が高いと思われます。スケジュールナースの結果は、最適解もしくは、準最適解ですから、目的関数値最小の組み合わせを出力しています。実際に管理の外で入力した修正を予定制約上で入力して頂くと、悪化を確認できると思います。


上の問題を回避する方法が、上記動画による方法です。

■ポイントは、勤務希望が解で上書きされないようにロックすること

■手修正を補償するために、適当な箇所をブランクにすること

■ブランク範囲が狭いとハードエラーとなります。

やってみると分かりますが、箇所によっては、かなり広範囲にブランクにしないと目的関数値が悪化します。制約は、広範囲に影響し合っている、ということです。

ソフト制約の数がそれほど多くないときに、スケジュールナース外で行うことは、可能かもしれません。しかし、動画で取り上げている規模のソフト制約が入っていた場合、目的関数値を悪化させずに行うのは、人間技ではかなり難しいと思います。




2022年11月23日水曜日

covid-19 勤務表をリリースした後での最小変更

 第8波が急速に広がっており、私の知る介護施設でもクラスタが発生しました。

勤務表リリース後に、スタッフが感染すると2週間休むことになるので、多大な損失になります。しかも夜勤等を手当てしつつ、なおかつリリース済みの勤務表に対してなるべく予定変更が最小となるような勤務表を再リリースする必要があります。そのような場合のスケジュールナースの対応の仕方です。

<シナリオ>

次のリリース済み勤務表のど真ん中で、スタッフQがcovid-19に感染し月末まで休みになるとします。

<手順>

1)スタッフの勤務希望は、変えないものとします。

2)予定画面の全てにロックを掛けます

3)解を予定に送ります

4)ロックを掛けた部分は、上書きされません

5)スタッフQの15日~を休みに変更し、ロックします。

6)15日から~の勤務予定を全てソフト制約レベル7に変更します。

(ロック部は、そのままソフト制約・ハード制約に関わらずそのままの状態を維持し変更されません。)

7)スタッフプロパティで、Qに関わる制約をクリアにします。

8)予定制約レベル7の求解重みを変更します。

9)求解します。

10)重みや、回数偏差リミッタを調整する、カット&トライ、 9),10)の繰り返し を行う

するのがミソです。


Youtube https://youtu.be/U4Bg-8SnHP8



2022年11月22日火曜日

サブスクリプション試用と定期請求無効のやりかた

 「毎月のサブスクリプション」の試用期間が切れました。毎月のサブスクリプションの試用はもう出来ません。

スケジュールナースのサブスクリプションは二つあり毎月ではなく毎1年間バージョンもあります。今回は、1年間のバージョンを購入します。すぐに、定期請求を無効として、実際には課金されないようにする例を示します。

前回ブログの毎月の試用期間が切れたので、下のダイアログが出ます。(下に隠れている場合もあります)はい、をクリックします。

いいえ、をクリックすると1年間になります。
ここからは、スケジュールナースではなく、Microsoft APIが行っています。マイクロソフトのアカウントメールアドレスとパスワードが求められます。
セカンドの支払い方法もAmazonで買ったXboxプロペイドカードを試みたのですが、
マイクロソフトアカウントに取り込まれるだけで、バックアップの支払い方法を求められるのは変わりませんでした。結局クレジットカードを選択しました。








次へをクリックします。
申し込むをクリックします。
サブスクリプション購入ありがとうございました、と出力されて使用可能になります。このダイアログは、スケジュールナースが出しています。

<課金されないようにする>

定期請求を無効にする処理です。確実に課金されないようにするには、有効期限の2日前までに次の処理を行います。


マイクロソフトアカウントに入ります。サブスクリプション1年が登録されています。

管理をクリックします。



定期請求無効をクリックします。


有効期限までは、試用期間でありその間は試用可能です。
まとめ
■試用するには、サブスクリプションを購入する必要があります。
■サブスクリプション購入は、プリペードだけでは出来ないようです。(クレジットカードが必要)
■試用期間は、1週間あります。有効期限前2日前までに定期請求をオフとすることで課金されません。
■スケジュールナースのサブスクリプションは二つのタイプ(月毎、年毎)があり、各々試用期間があります。どちらも試用することで計2週間、無料試用することができます。ただし、課金されないように、各々無効処理することが必要となります。