2020年11月12日木曜日

年末年始対応の構想

年末年始は、次月にはなりますが、年始期間まで含んで休みを設定するところが多いと思います。

 年末年始をPythonを使ってダイナミックに記述するのは、良いアイデアですが、年始の期間を新たに定義しなければいけないのが、どうも美しくない、と思いました。そこで、次月(SecondMonth)というのをPredifineすることにしました。


こうすると、制約終了日が決まれば、「次月」は、自動的に決まります。(通常月は、空集合になります。)今月部であって AND 次月部でない 部分が通常月の制約に対応します。これは、ユーザ定義で、集合演算で求めます。

こうすると、

1)年末年始では、制約終了日がSpecial

2)年末年始期間を絶対定義

以上の2点だけが、通常月と変わる部分で、後は、PythonがDynamicに制約を切り替えるので、面倒な部分を隠蔽してくれます。



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。