2014年3月14日金曜日

ガイドラインシミュレーションその2

準休深 パターンは、正循環を実施しようとすると必ず出現します。準の後は休でなければならず、深の前は休みでないといけないので、このパターンはある意味都合がよいのです。このパターンをガイドラインの範囲でできるだけ少なくしたいという場合は、
準準休深深 パターンをできるだけ多くする下図の勤務計画表にするかもしれません。

しかしながら、この勤務計画表は、致命的な問題があります。


続く

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。