2020年5月29日金曜日

C++11/C++17へ

AWS用の記述では、C++14 をベースとして、部分的にC++17を使用しています。例えば、WindowsとLinux、スレッド生成一つ取ってもC++11を使えば、共通のstd::thread が使えます。ファイルのアクセスについてもC++17では、filesystemがあり、便利に使えます。ということで、同じ事をやるのに書き換えてWindows/Linux共通で使えるようにした部分が多数あります。

恐らく現リリース最新版129CとAWS開発最新版では、1万行以上記述が変わっています。そのためRegression Testが必要となっています。

このテストが1週間、マニュアル更新に1週間、リリースは、6月中旬を予定しています。



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。