2018年7月11日水曜日

ベンチマーク20-24は、超難問

どうしても、解けなくて悩んでいます。7種の解法を新しく考案したのですが、20を除いて、撃沈してしまいました。最後に、もう一種、考案したので、そちらを試して駄目だったら、いい加減にまとめに入ろうかと思います。 この一年、色々学ぶことが出来て幸せでした。ほとんどフルタイムで、考えることに没頭できました。大学の先生に聞くと、9割ぐらいは、雑用で取られるようなので、頭の悪さを差っぴいても私の方が有利です。この年になると、忘却との戦いが始まるのですが、それでも、未だ色々アイデアは出てくるものだなあ、と我ながら感心します。

新しく購入した本は、
・The Art Of Computer Programming 4A
・繁野麻衣子先生の数理最適化

です。4Aは、有名なKnuth大先生が何十年にも渡って書かれている著作の一部です。そのためにLatexを作ったというのは、有名な話しらしいです。いくつかの参照した論文で言及されていたので、確かめるために買ったのですが、ちょっと今のところ出番はなさそうです。

CuttingPlaneのアプローチは、日本語の文献がほとんどなく、この本(数理最適化)でも僅かしか記述されていませんでしたが、入門的には、十分役に立ちました。むしろ、組み合わせ最適化という分野に突入するまえに、一番最初に読みべき本でした。麻衣子先生は、おちゃめな先生で教わりたかったです。なぜか、この分野の研究者は、女性が多いのですが、どうしてなんでしょうね。 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。