2018年7月22日日曜日

MAXSAT Evaluation 2018結果

各ソルバーの実装内容については、こちら
https://helda.helsinki.fi/bitstream/handle/10138/237139/mse18_proceedings.pdf?sequence=1

結果については、こちら
https://maxsat-evaluations.github.io/2018/mse18-talk.pdf

今年は、2位が2トラック、3位が1トラックという結果になりました。前にも書いたように、今年は提出していないので、去年のソルバーでの結果です。

コンペは、Complete部門とInCompleteに分かれています。Completeは、厳密解を競うものです。去年は、HittingSetを用いたHybridソルバーが強かったのですが、今年は、Unsatベースが1位で、意外な結果となりました。
WeightにおけるカクタスプロットのVBSは、Virtual_Best_Solverです。各ソルバー方式、得意なインスタンスが違うのですが、仮想的に、全部の良いところだけを取ってきたソルバーだったら、どうなるかということを示しています。このカクタスプロットを見ると相当開きがあるので、
インスタンス毎に、ソルバーを切り替えれば、VBSのところまで、性能を向上させることが出来るということを示しています。万能な方式があればなにも苦労はしないのですが、 最近の論文の潮流は、要素技術の深化とともに、既存の手法を以下に上手に切り替えるか、ということもあると思います。
下は、上記資料よりの引用で、この10年での性能向上推移です。MaxSAT Communityの方々に頭が下がる思いです。



0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。