2019年9月5日木曜日

Python3での制約を計数表示

python3制約プログラミングマニュアルを更新しました。基数制約かつAlgorithm1のみのサポートになりますが、GUIで計数表示できるようになりました。目標値に達していないところは、Pythonで制約したところも含めて黄色で表示されるので、直感的に良し悪しを判断できます。

これで、シフト変数に関わるところは、大体網羅できたと思います。一区切りとします。

実装は、かなり面倒で、ソルバーからファイル出力でGUIが読み込んでいます。(PythonをParseできるのはソルバーのみなので)GUIの読み込みには、JSONを使っています。CEREALでC++上のシリアライズを行って、C#上は、DynamicにJSON構造を読み取るという方式です。構造は同じはずなのですが、CEREAL(C++)とC#で微妙に仕様が異なるので、Dynamicにせざるを得ませんでした。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。