2019年10月30日水曜日

夜勤専従シフトパターン スニペット

人力解は、下のようになっていました。
これを見ると夜勤の連続があり得るので、通常の2交代パターンを変える必要があります。また、上では、10連続勤務の部分があります。法律上は、4週4回または、1週1回以上の休みが必要ですので法律上は問題ないのですが、7回連続は避けるよう記述しました。

ナースと介護の両方の勤務パターンを見ていると、圧倒的に介護業界は、厳しいものがあります。
例えば、ナースの場合、2交代では、月4回が一般的で、月5回の夜勤を見ることはあまりないのですが、介護の場合は、月5回はざらで、月8回という夜勤専従に近いパターンも珍しくありません。(その点、プロジェクトサンプルに添付した特養サンプルでは、全スタッフのこの上ない平準化を成し遂げていて稀な例であると思います。)


スケジュールナース使用して、人に易しい勤務パターンを実現して欲しいと願うばかりです。日本中の理不尽なシフトを一掃することが、筆者の夢であり責務であるとも思っております。「そこに解があるなら使わない手はない」のです。
人力解とスケジュールナース解の差を見ていただければ、一目瞭然に違いが分かります。夜勤のトータル回数を減らすことは出来ませんが、夜勤のパターンを改善・スタッフ間での平準化を行うことは出来ます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。