2018年6月2日土曜日

MaxSAT Evaluation 提出期限延期 

主催者のカーネギメロン大学 Ruben Martins さんから、延期の連絡がありました。といってもほとんど時間がないですね。Ruben Martinsさんは、OpenWBOというソルバーで、毎年出場されている若手のホープです。また、去年、トロント大学のFahiem Bacchusさんとメールでお話しさせて頂いたのですが、Fahiem Bacchusさんは、IPソルバとのHybridソルバを提案していてMaxSAT界の重鎮です。「東京に来たことがある」とおっしゃていました。

この方々は、主催者側ではありますが、毎年、参加されています。
今年は、去年の私を越えるソルバーが出てくるんでしょうか?多分参加してなくてもリファレンスにされるのでそれもまた楽しみです。下にもあるとおり、MaxSATベンチマークテストを提出すると皆でよってたかって解こうとしてくれるので、未解決問題を提出してみるのも一考に値するかと。

<MaxSAT形式の問題点>
去年やっていて気付いたのですが、問題のフォーマット形式がDIMACSというSAT問題を拡張した形式になっています。問題によっては意図が歪められてしまうということがあります。SAT形式ですので、どうしても2値化されてしまいます。オリジナルの問題が、整数計画であっても、無理やり2値化してしまうので、その辺がIPソルバーでは、つらいことになってしまうという面も否定できません。無論オリジナルの問題そのものが2値問題(例えば数独のような)であれば、なんの問題もないのですが。比較するべきは、オリジナル問題で比較するべきではないか?というちょっと主題からは外れたうがった見方をしてしまいます。ともあれ、ここ数年の成果は、確実にありますので、意味のあるCompetitionに違いはない、と断言できます。


MaxSAT Evaluation 2018 deadline extended to June 7

Dear all,
The deadline for submitting benchmarks and solvers for the MaxSAT Evaluation
 2018 is extended to Thursday June 7, 2018.
We encourage participants to test their solvers in StarExec in the testing
spaces:
- MSE2018->Testing->Complete->Unweighted
- MSE2018->Testing->Complete->Weighted
- MSE2018->Testing->Incomplete->Unweighted
- MSE2018->Testing->Incomplete->Weighted
The final version of your solver should be uploaded to the following
subspaces (depending on the category you want to participate):
- MSE2018->Evaluation->Complete->Unweighted
- MSE2018->Evaluation->Complete->Weighted
- MSE2018->Evaluation->Incomplete->Unweighted
- MSE2018->Evaluation->Incomplete->Weighted
More details on the final submission are available at:
https://maxsat-evaluations.github.io/2018/submission.html
So far we did not receive many new benchmarks. If you are using MaxSAT to
solve problems, we encourage you to submit your formulas to this year MaxSAT
 Evaluation.
New benchmarks are critical for the continuous improvement of MaxSAT solvers
and to perform a better assessment of their performance.
Best regards,

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。