2017年10月17日火曜日

勤務表から最適化された患者サービスが始まる

希望休が多い職場は良い職場か?

この辺は、病院ない労使の決まりごと、あるいは、看護師長の裁量によるところが多いのですが、

A 全く自由に(無制限に)出せるところ
B 5日まで
C 3日まで
D 2日まで

という区分に分類されます。

看護学会に出席した妻の話では、勤務表のセクションは、立ち見が出るほど盛況なようです。Aの職場も多いようですが、皆様の悩みは尽きないようです。

ところで、

希望休が多い職場が良い職場とは実は言えないのです。


一般的に、希望休を出せば出すほど、より好ましくない勤務パターンをスタッフに強いる関係があります。


なぜならば、日本の勤務環境では、縦方向の制約、その日に必要な夜勤や、遅番、早番、残り番の数は、きっちり決まっておりソフト制約とすることは殆どありません。(増員日のソフト制約はあっても、最低限その日必要なスタッフ数をソフト制約とするところはありません。)つまり、解を得るためには、横方向の制約、看護師のシフトパターンで無理を強いる方向に作用させることで解を得ています。
謙虚なスタッフは、必要最低限の希望休みしか入れませんが、「出さなきゃ損」 みたいな感覚で出してくるスタッフも中にはいると思います。そうしたスタッフには、上の知見を理解して必要最低限を心がけて欲しい としか言えないのでしょうか? 謙虚なスタッフと傲慢なスタッフがいたとして、勤務表は、限られた解空間で選ばないといけないので、結果として、そして全体として、より好ましくない勤務パターンを強いるとすれば、謙虚なスタッフは2重に不利益を被ることになるのではないでしょうか? 「勤務表から最適化された患者サービスが始まる」というのは、スタッフ間の公平がまず最初にあるべきと思います。

スケジュールナースは、これらの計算とシミュレーションで得られた知見から、より良いルールに向けての指針を提案しています。





0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。