2015年10月16日金曜日

スタッフプロパティでフレキシブルな勤務表にする

下は、ある看護師長(ICU)のスタッフプロパティテーブルです。

各スタッフには、12個も属性があり、その属性を変更するだけで月々の些細な変更を吸収できるようにしています。このテーブルは、未だ作りがけであり、これから数ヶ月をかけて、看護師長共々、ブラッシュアップしていく予定です。(永久ライセンスをご購入頂きました。)

スタッフプロパティは、その病棟に固有な属性だと思います。同じスタッフプロパティは、この世に二つとないでしょう。それ故、自身の職場については、自身の言葉で制約を語れることが必要条件になります。それをお伺いして、私が制約化した結果が下のテーブルです。数ヶ月の後、安定してきたときには、中身は殆どいじくることなく、大体このテーブルだけでできるようになります。(経験則)

注目していただきたいのは、単に各スタッフの個人の要望を聞くだけではなくて、中々夜勤ができないスタッフも、可能な条件を聞いて、その中でも最大限、夜勤をしてもらっている事です。また、SS(深夜深夜) JJ(準夜準夜)等、スタッフの好みや可否を入れて配置をしていることです。

個人の要望を受けつつも、なおかつ組織全体のバランスやQOLを考えていることが伺える内容になっていると思います。素晴らしい看護師長さんですね。
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。