2017年8月9日水曜日

商標出願

というものを初めてやってみました。スケジュールナースの新しく実装した機能を、説明をしようと思ったのですが、名前がないと説明しずらいことに気づいて名前をつけてみることにしました。スマート・AI・インテリ..等の組み合わせ語になるのですが、殆ど、先願があって没になりました。
(弁理士さんによれば、特許とは違い、実際にその商標を使用することが条件だそうです。一杯商標を取っている会社?があるようですが、本当に使っているのか疑問です。
ー>後で分かったのですが、参考記事 の通りのようです。

自分でも調査したのですが、やはり、弁理士さんにやってもらったほうが確実です。実際、自分では見つけられない指摘を頂きました。また単に英語を日本語にすることによって避けても観念が同じでNGだそうです。(有名な例は、午後の紅茶) ということで、この点でも弁理士さんに相談した方がよいでしょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。