2014年9月1日月曜日

特許作成の留意点

新しく特許を書く場合の留意点

  1. 拒絶理由通知書が来ることを前提
  2. 先に紹介した本を読んでおくこと
  3. 国語が大事
  4. なにより、どの引用例にもない本願発明だけの要件とそれによる効果が大事
  5. 頼りになる弁理士さんに相談
以上が、今回学んだことです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。